更年期障害.com

更年期障害は男女共に訪れる病気のため早期発見して対策しましょう

新着情報

更年期障害とは何か

ホルモンの低下により、イライラや気だるさなどの様々な症状が起きる病気です。女性に多いとされる症状ですが、男性でも更年期障害は発症するため、性別特有の病気というわけではありません。

更年期障害の前兆

ホルモンの減少から男性の場合はEDになどが前兆となる場合があり、女性の場合は月経周期が24日以内になったり更年期出血を起こすようになっていきます。

有料老人ホームなら大阪が安心
特徴をチェックできる【PR】
下肢静脈瘤の症状をチェック!
自身の症状と照らし合わせて、最適な治療方法を選択。免疫細胞療法が大人気!
副作用を引き起こす心配なし自律神経失調症の症状を手軽に解消☆
有効成分を配合したサプリを紹介☆

男女共に訪れる更年期障害

ナース

更年期障害の原因

更年期障害は主に女性ホルモンであるエストロゲンの量が減少してしまうことにより引き起こされる障害です。ホルモンバランスが乱れてしまうことで自律神経にも影響が出て、目眩や手足のしびれ、不眠などの更年期障害の症状が出てきます。

閉経と共に訪れることも

更年期障害は閉経の前後に症状が出てくることが多く、45~55歳ごろに訪れる更年期は、その間に閉経が訪れるということもあって卵巣の働きが弱まります。卵巣の動きが弱まってしまうと、分泌されるエストロゲンの量が急激に減少してしまい、更年期障害の症状が出てくることが少なくありません。

男性が更年期障害になることも

一般的に更年期障害は女性の病気とも言われていますが、男性も更年期障害になることはあります。男性の場合でも男性ホルモンであるテストステロンの減少が原因とされています。男性の更年期障害は、集中力の低下や無気力などの症状が出ます。