更年期障害.com

更年期障害を緩和していくには生活習慣の見直しがとても有効です

更年期障害の予防と対策

医者と看護師

更年期障害の予防と改善

更年期障害の予防を行ったり改善をしていくには、自身の生活を見直しながら、適切な処置を行っていく必要があります。イライラし易いといった点はコミュニケーションに支障をきたしてしまうこともあるため、まずは何事も心に余裕を持って取り掛かるように心掛けることも立派な対策の一つです。心にゆとりを持とうとすることでストレスも溜まり辛くなり、小さなイライラが解消されるようになっていきます。合わせて生活習慣を見直していくことで、より更年期障害の症状を緩和していくことができるようになります。

生活リズムを整える

睡眠時間やタイミングが不規則になってしまったり、睡眠時間が足りなくなって睡眠不足になってしまうと身体のリズムが狂ってしまいます。身体のリズムが狂うことは自律神経の乱れにも繋がります。この自律神経の乱れは、更年期障害の症状にも繋がってくるものはとても多いです。倦怠感や目眩、頭痛など、その症状は数え切れないほどあります。自律神経を整えるためには、規則正しい時間できっちりと睡眠をとることが大切です。

食生活を整える

食事で得られる栄養素は重要なもので、栄養が偏ったり適切な栄養がとれなかったりすることで体調などにも影響が出てきます。更年期障害ではホルモンが一番減少していくため、ホルモンの生成をサポートする食材などにあわせて、自律神経に作用する栄養素を積極的に摂取していけるようにしましょう。たとえば亜鉛やビタミンEには、ホルモンバランスを整える効果があります。ビタミンEは身体の血流を良くする効果もあるため、更年期障害の症状である手足の冷えや、身体ののぼせなどを軽減することができるようになります。ビタミンEは森のバターとも呼ばれるほど栄養が豊富なアボガドや、かぼちゃなどが多く含まれています。亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれていますので、こうした食材を日々の食生活で取り入れていけるようにしましょう。ただ亜鉛は過剰摂取してしまうと嘔吐や下痢に腹痛などの症状が出てしまうことがありますので、大量に摂取すればいいというわけではありません。日々3食で適度に摂取していくようにしましょう。

運動を行う

充分な睡眠や適切な食事に合わせて、身体を動かすということも更年期障害には効果があります。その中でも有酸素運動を行うようにしましょう。有酸素運動は規則的な繰り返しのある軽い運動のことを指し、ジョギングやウォーキング、水泳などがよく挙げられます。有酸素運動は身体だけではなく、自律神経にもいい効果を与えることができます。また、呼吸器や循環器などの内臓の働きを活発にすることもできるため、息切れや動悸などの症状の緩和にも繋がります。あわせて生活習慣病の併発も防ぐことができるので、日常生活に適度な運動も取り入れましょう。

栄養補助のサプリメントを活用する

普段から食生活に更年期障害に効果的な食べ物を取り入れていたとして、毎日同じ食材を使うのは飽きがきてしまうことがあります。そういった場合には、サプリメントで必要な栄養素を補うといった方法もあります。